Bethany 学校のロゴ

ホーム / 最新ニュース / 7年目 ジュニパーホール訪問

7年目 ジュニパーホール訪問

今週のブログは、地理責任者のエヴァンス氏が執筆しました。 Bethany 学校。彼は、ドーキングにあるジュニパー ホール フィールド研究センターへの 7 年生の訪問が成功したことについて書いています。

火曜日、7年生の生徒たちは、教育的で冒険的な野外旅行のためにドーキングにあるジュニパーホールフィールドスタディーズセンターを訪問する素晴らしい機会を得ました。この旅行の焦点は、実際の体験と直接観察を通じて河川システム、特にティリングボーン川について学ぶことでした。  

その日は、ジュニパー ホールでの魅力的なクラス説明会で始まりました。ここで生徒たちはティリングボーン川の性質と特徴を紹介されました。彼らは、その源、経路、そしてそれを定義する地理的特徴について学びました。この最初のセッションは、その後の実践的な活動のための強固な基盤を提供しました。 

新しい知識を武器に、生徒たちは 2 つの異なる場所から川へのアクセスを開始しました。これらの場所で、彼らは川の物理的特性を測定するために設計されたさまざまな演習に参加しました。生徒たちは巻尺、ストップウォッチ、コルクを使って、川の幅、深さ、速度を測定する方法を学びました。これらのシンプルなツールにより、データを収集し、地理研究における正確な測定の重要性を理解することができました。これらの伝統的な方法に加えて、生徒たちは川の速度を記録するためにハイドロプロップを実験する機会がありました。このデバイスは、流量を理解するためのより高度な方法を提供し、現場での刺激的な技術要素を追加しました。

この旅行のハイライトの 1 つは、短い川の散歩でした。生徒たちは長靴を着て川に入り、蛇行の特徴を直接探索しました。この没入型の体験により、彼らは川の曲がりや曲線を間近で観察することができ、川が時間の経過とともにどのように景観を形作るのかについてより深い理解を得ることができました。

全体として、ジュニパー ホールへのフィールドトリップは大成功でした。教室での学習と実践的な経験を組み合わせることで、生徒たちは河川システムの複雑さを理解することができました。発見、チームワーク、そしてたくさんの楽しみに満ちた一日で、私たちの 7 年生はこの分野での将来に向けてしっかりとした思い出と知識を得ることができました。

 

エヴァンス氏

地理部長